そろそろ落ち着いてもよい頃なのに・・・ ホームでの日々

画像




ホームに入居して3週間が経ちます。
終の棲家、あるいは新たなベースキャンプとなるはずですが、「自宅」にいる気分にはほど遠く、まだまだ旅途上という落ち着かない感じです。

今いるホームは「住宅型」有料老人ホーム(この言葉には抵抗があるので、以下ホームと略称します)ですが、オープン間もないため、入居者も少なく、ダイニングで食事するのは今のところ私一人。
バスルームも同じ階に入居している方が、ふろ上がりに私の部屋のドアをノックしてくれることになっていて、独占状態です。
スタッフの誰彼に「○○さん、今のうちですよ」と何かにつけよく言われます。

空室率を最小にするのが施設運営の要、と聞いているので、心配がないわけではありません。

これから施設がにぎやかになって成長してゆく様子を見守ることになるのでしょうか。
手厚く、あれこれ面倒を見てくれるのでありがたいですが。
つい食事の写真が多くなりますが、勉強熱心な料理長の苦心のたまものなので記録しておくことにします。
仕入段階で予定の食材が気に入らないときは、急遽メニューを変更することもあるとか。

冒頭の写真は、今日のお昼、料理長お得意のオムライスです。
夕食はハンバーグでしたが、ともにけれんみのない、やさしい味でした。
毎日食べても飽きない家庭料理です。
実際これだけの食材を整え、調理するとなると、少人数の家庭ではロスが多くなってしまいます。
「大きな家族に」というこの施設のコンセプトに賛同する理由の一端がここにあります。




画像

朝食はその日の活力の源です。完食しました。


画像

夕食時間は一応、17:30~19:00までにダイニング入室のこと、と決められています。
食事中に暮れなずんでいた空もすっかり暗くなりました。



画像

奥はゲストルームになっていて、来客者と一緒に会食ができるようになっています。


画像

ダイニングルームからロビーを眺めたところ


画像

本格的な梅雨がやって来る前は、できる限りテラスで食事するようにしています。


画像

セルフサービスの飲み物コーナー
コーヒーはエスプレッソ、マイルド・エスプレッソ、カフェ・ラテ、カプチーノから選べるようになっています。


画像

玄関前のアプローチ
小さな噴水があり、池には金魚が泳いでいます。
スタッフ総出で手入れしている時もあります。
画像

5月21日、各地に豪雨をもたらした低気圧。
こちらもたいそうな吹き降りで、国有地の竹林がしなうように揺れていました

"そろそろ落ち着いてもよい頃なのに・・・ ホームでの日々" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント