永井潔アトリエ館にて

001.jpg



今季一番の冷え込みか、と思われる氷雨降る日。
永井潔アトリエ館を訪ねた。
最寄りの平和台駅で友人らと待ち合わせた。
地上に出ると、こちらはちらちらと雪が舞っていた。
タクシーを待つ間の寒さを考えて、歩いて行くことにする。

住宅地の中に片流れ屋根の白っぽい建物が見えてきた。
それが永井潔アトリエ館だった。
永井潔は二兎社を主催する劇作家・永井愛の父君、画家である。
永井愛は私たちの高校時代の同期で、コンスタントに作品を発表し続け、活躍目覚ましいものがあった。
如月小春、木野花、渡辺えり子らと比べると派手さはないが、練り上げられた台詞劇は完成度が高く、ずっと注目してきた。

狭い階段を上ると生前アトリエだったという部屋が展示室になっていた。
北側が全面ガラス窓になっており、穏やかな自然光が部屋を満たしている。
「絵描きの一人娘」という企画展だった。
たった一人の娘に対する愛情がひしひしと伝わってくる作品ばかりであった。
子猫を抱いた赤いセーターの少女が微笑んでいる。
オルガンを弾く少女の表情は真剣そのものだ。
長じて着物姿の愛さんを描いた作品も何点かあった。
画家は理論に導かれて描く傾向にあったようだ。
人物を浮かび上がらせるために、人知れぬ工夫があったことだろう。
筆触の、ラフなタッチに久々、油彩の魅力を思い出した。

土曜日だけの開館だが、訪れる人とスタッフで館内はにぎやかだった。
私たちは小豆玄米ご飯のランチを頂きながら、近況を語り合った。
芸術家父娘の真摯な創作欲が隅々まで行き渡ったような部屋は居心地がよく、静かな時間が流れていった。

アトリエ館を辞す頃には、雪は雨に変わっていた。




P1181070.jpg
                                 ’20.1.18

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント