平成の黒い霧 「国家はいつも嘘をつく」

29389175_1.png



本書が挙げた9つの嘘とは、以下の9点である。

1 「アベノミクス」の嘘
2 「民営化」の嘘
3 「働き方改革」の嘘
4 「2020東京五輪」の嘘
5 「日航ジャンボ機123便」の嘘
6 「平和安全法制」の嘘
7 「刑事司法」の嘘
8 「TPPプラス」の嘘
9 「消費税で社会保障」の嘘

多分、本書の読者なら以上の嘘を十分に理解しているか、或いは薄々感づいているかの、どちらかではないだろうか。
では何故、本書を手に取ったのだろうか。
これらの嘘のからくりについて、著者がどのような解説を付すか、に多少とも興味を抱いたからではないだろうか。
そして私たち日本国民は、江戸時代以来の権力との付き合い方に、ひとつの知恵というか、狡さというか、「事なかれ主義」が根強いことを改めて痛感するのだ。
富も権力も、奪取するのではなく、そのおこぼれに与る。
(確かにそれは奴隷根性ともいえる)

安倍政権の存続を決定するのは、政策の成功や実現によって有権者の積極的な支持を得たからではなく、
選挙制度を上手に利用し、マスメディアを支配し、その嘘への批判を封じたことにある。

時に、嘘はあまりに堂々とつかれると、やがてそれが本当のこととして流通しかねない。
「大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすい。とりわけそれが何度も繰り返されたならば」
と言ったのはほかならぬヒトラーだ。
安倍政権の閣僚のひとり、麻生太郎は、憲法改正に関して「(ナチスの)手口を学んではどうか」と発言して物議をかもしたことがあった。
はしなくも、その真意を暴露してしまう語り口にこそ、この政権の正体が明らかになる。
安倍内閣の政権運営の手法は、ファシズムのそれに酷似しているではないか。
ナチスが議会制民主主義の制度下で、違法性なしに政権を獲得したという事実を思い起こそう。
有権者がそれを黙認し続けるなら、今日でも悪夢の再現は起こり得る。


国家はいつも嘘をつく —日本国民を欺く9のペテン
               植草一秀 著  祥伝社(’18.12)