稲佐の浜から日御碕神社へ

画像




出雲大社に参拝した後、出雲国造千家家の前を通って神楽殿へ。
神楽殿は古式の諸儀式が執り行われる大広間である。
団体客の旗を掲げた引率者が「畳○○畳敷き…」などと説明している。

神楽殿前から「阿国の道」が西方の稲佐の浜へと通じている。
案内によれば徒歩15分程度だから、途中、出雲の阿国の墓に参ったりしながらぶらぶら歩いてもよい。
歴史博物館で思わぬ時間をつぶしてしまったので、ここではタクシーを拾うことにする。
稲佐の浜を見てから日御碕神社で降ろして欲しいと告げたが、商売上手な運転手で、神社に着くともうすっかり帰りも乗せて行くつもりでいる。
おかげで最もよい位置からウミネコの繁殖地「経島(ふみしま)」を眺めることができたし、一畑電車の時間に合わせて、今回見学を断念していた「旧大社駅」を訪ねることができたのだが。

さて、出雲大社西方にある稲佐の浜であるが
岸近くにぽつんと弁天島が浮かぶ。
記紀神話では有名な国譲りの行われた舞台となっているが
「出雲国風土記」にはこの話は無い。
ゆったりと長い弧状の砂浜は「国引き」の綱の化したもの、という壮大な国づくりの神話が残るだけである。
ただ、旧暦10月「神在月」に全国の神様がこの浜に上陸して、様々な相談事をするという話は、いかにもこの浜辺に相応しい感じがする。
静かな浜辺で海水浴の適地でもある。

稲佐の浜から日御碕までは左手に美しい海岸線を眺めながらカーブの多い道を行く。
途中対向車と出会うこともない。
整備された道でも運転しにくいので地元の人もあまり利用しないとか。
海上保安庁の船が航行している。
北朝鮮が近いので警戒厳重だ。

やがて道から下がった位置に朱塗りの社殿が見えてきた。
塗り替えたばかりという朱が緑の木々につつまれて鮮やかだ。
日御碕神社は、「出雲国風土記」に「美佐伎社」とあるのがそれで、社殿は幕命を受けた松江藩が完成させたという。
権現造りである。
上の宮にスサノヲ、下の宮にアマテラスと、姉弟神を祀っている。
出雲大社の神さびた風情とはまた別種の趣である。
最後に海に向けて建つ鳥居をカメラにおさめた。
経島のウミネコの雛をカラスが狙うということ、マツクイムシにやられて松の苗を植えているがなかなか育ち難いことなど聞いた。            




画像

日御碕神社


画像

日御碕灯台
確証はないが、灯塔の高さは東洋一とも

画像

経島
6月頃に若鳥が育つ「ウミネコの繁殖地」である

画像




画像




画像




画像

経島(ふみしま)もこの柱状節理をした石英角斑岩の岩層からなり
経文を積み重ねたように見えることから「お経(きょう)島」とも言うそうだ


画像




画像

上の宮


画像




画像

下の宮


画像




画像




画像

'09.4.20




                                       つづく




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年05月07日 23:08
こんばんは!
好天が続いたと思ったら今度は雨天続き。天はなんてバランス感覚が良いんだろう。なんて思っちゃいますね。
稲佐の浜~日御碕、まさしく出雲国家と大和朝廷の勢力が拮抗した場所ですね。国引きの浜の先の日沈宮に天照大神を祀る壮絶な意地の張り合いが凄いな~と思います。
そして、本来日の本の昼を守る天照大神を日の本の夜を守る宮に祀ったのは何故?そこに記紀中からこつ然と消える月読命の影を見てしまうmidyは考え過ぎですかね?
いずれにしても、出雲を訪ねることは正史としての古代史と「隠された古代史」を探る旅にもなっちゃいますね。
さて、次の展開はどうなるのかな?
やろい
2009年05月08日 22:00
今晩は。
懐かしく拝見いたしました。
10年一昔なんて言いますが、どうやらそれ位で済まない年月の経過のようです。
旧大社駅で乗降したのですもの!
随分歩いた記憶があるのですが。
島根県は真宗の者にとっては鈴木大拙しによt
2009年05月08日 22:12
すみません、寝室のパソコン少しおかしいのでごめんなさい。
鈴木大拙のよって紹介された妙好人の故郷を訪ねて何度訪れています。
話がそれて、温泉津、有福をつい思い出してしまいました。
旧暦10月「神在月」何度も聞かせていただいた懐かしいお話です。
随分静かな雰囲気ですね。
日御碕灯台・・・変わりませんね・・
変わっていないことにほっとします。
2009年05月08日 23:09
midyさん、ありがとうございます。
国譲りの話は「出雲国風土記」には無いので、大和朝廷による権威づけのための創作かもしれません。
伊勢神宮には月夜見宮がありますが、記紀神話では影が薄いようですね。
2009年05月08日 23:21
やろいさん、ありがとうございます。
出雲は今回訪ねてみて、関東からは随分遠い所だと実感しました。
蝦夷の国だった東北の方がずっと近い…
稲佐の浜は八百万の神が談合する風景を彷彿させ
同時に朝鮮半島が近いのだなあ、という印象を強くしました。
旧大社駅を利用されたのですね。この後で見学しました。

この記事へのトラックバック

  • 日御碕神社は日本の夜を守る

    Excerpt: 日御碕神社は、島根半島の西端に位置し、日本の夜を守る。天照大御神を祀る日沈宮と、素戔嗚尊を祀る神の宮の2社からなり、出雲大社の祖神でもある。徳川家光が造営した社殿群は桃山時代の面影を残す精巧な権現造り.. Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2017-09-10 09:37
  • 日御碕神社は日本の夜を守る

    Excerpt: 日御碕神社は日本の夜を守る【更新】近隣の情報 Weblog: ぱふぅ家のホームページ racked: 2018-09-02 08:23