アクセスカウンタ

風を待ちながら・・・

プロフィール

ブログ名
風を待ちながら・・・
ブログ紹介
旅と読書のブログです。
旅と読書は似ていると思いませんか。
時を遡り、距離を踏破する・・・
どうぞ、お気軽にお訪ねください。

◆コメントを歓迎しますが、ただ今、全コメント・トラックバックを保留設定にしております。なるべく速やかにページ上に反映したいと思いますが、やむを得ず遅れる場合はご容赦ください。



zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
懐かしの名作 ヒチコックの「裏窓」を観る
懐かしの名作 ヒチコックの「裏窓」を観る 風もなく晴天に恵まれた第二火曜日。 ケアラーズカフェ「仙人の家」で開かれている上映会に出かけた。 この日地域の皆さんと楽しんだ映画はヒッチコックの名作「裏窓」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/16 23:59
放っておけない空き家の話
放っておけない空き家の話 日中も雨戸が閉められたままの家を見かけて、具合でも悪いのだろうか、と軽く考えるばかりだったのがつい昨日のことのようだ。 昨今では、雨戸ばかりか、外壁の塗装もはげて、雑草が茂り放題の家も珍しくない。 「空き家」は急速に社会問題化し、平成27年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されることになった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/02/12 22:22
小池百合子著「自宅で親を看取る」を読んで
小池百合子著「自宅で親を看取る」を読んで 小池百合子著「自宅で親を看取る」を読んだ。 石原慎太郎氏が、築地市場の豊洲移転問題について参考人招致に応じることで話題になっているが 現東京都知事・小池百合子氏は平成25年晩夏に自宅で、母恵美子さんを看取っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 17:45
ロマノフ王朝展 東洋文庫にて
ロマノフ王朝展 東洋文庫にて 「ロマノフ王朝時代の日露交流」「トルストイに初めて会った日本人 小西増太郎」というふたつの講演を聴くために東洋文庫を訪れた。 北方4島をめぐる今日の日露の駆け引きに鑑みて、両国の因縁は興味深い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/07 23:47
怪しい店
怪しい店 ミステリーを読むのは久しぶりだ。 一日が終わり、一冊のミステリーを抱えてベッドにもぐりこむ時の解放感と幸福感は何とも言えない。 若い時なら、翌日が何の予定もない休日であればなおのこと、 さあ思う存分読み明かそうとばかり、すべてを忘れ非日常の世界にどっぷり浸かってページを繰ったものだ。 そのうち夜が白々と明けそめてきて、慌てて灯を消すのが常だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/04 23:11
マーティン・スコセッシ監督の「沈黙−サイレンス−」を観る
マーティン・スコセッシ監督の「沈黙−サイレンス−」を観る 寒風吹きすさぶ日、映画通のIさんと「沈黙―サイレンス―」を観に近くのシネコンに出かけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/02 22:44
永井愛 作・演出「ザ・空気」を東京芸術劇場で観る
永井愛 作・演出「ザ・空気」を東京芸術劇場で観る 永井愛 原作・演出による二兎社公演「ザ・空気」を東京芸術劇場で観た。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/29 18:11
IMAXで「君の名は。」を観る
IMAXで「君の名は。」を観る 映画は基本的にラブストーリーであるというのは的確にその本質をついた言葉だと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/26 22:31
ドキュメンタリー映画「抱擁」を観る
ドキュメンタリー映画「抱擁」を観る これは是非観ねば、と思い、最近物忘れのひどくなった母と出かけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 15:02
「罪の終わり」を読む
「罪の終わり」を読む 東山彰良著「罪の終わり」を読み終えた。 2016年の第11回中央公論文芸賞を受賞した作品である。 林真理子と浅田次郎の選評がよかったので、軽い気持ちで、読書会の課題図書として提案した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/19 11:27
遅い初詣 川越大師 喜多院にて
遅い初詣 川越大師 喜多院にて 日帰りコースをあえて宿泊し、観光するというのもなかなか乙なものだ。 京都でいえば、「枕のしたを水のながるる」という体験があってこそ、旅情も生まれようというもの。 私にとって朝食前の散歩がそれである。 掬水亭から埼玉県と東京都の県境になっている道路を渡ると多摩湖畔に下りることができる。 今回は残念ながらパスしたのだが、早朝の湖畔散歩はさぞ爽快なことだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/14 22:57
掬水亭にて
掬水亭にて 座敷が直接広い水面に続いているような錯覚に陥りそうな景色だった。 私たちは掬水亭5階角部屋から、正面に多摩湖、左手にライトアップされた西武遊園地を見下ろしていた。 暮れなずむ時間。 観覧車の灯、展望塔を上下する展望室。 メリーゴーランドや数々のアトラクションが煌めく灯に彩られていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/12 23:47
有料老人ホーム探訪記
有料老人ホーム探訪記 年が明けて早々に有料老人ホーム「ソノラス・コート三鷹」を見学することになった。 2年前に知人より紹介された自立型の老人ホームである。 その後、老人福祉法の改正にともない料金などが変更された由。 安くなるはずもなく、より高額な買い物になるようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/05 22:52
相馬御風さんのこと 母の思い出から
相馬御風さんのこと 母の思い出から あけましておめでとうございます ブロガーの皆さん、また古くからの友、たまたま拙ブログを訪ねてくださった方、旧年中はありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願いします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/03 21:47
糸魚川の大火 母の記憶から
糸魚川の大火 母の記憶から 22日、糸魚川で大火災が発生したという報を受けて、テレビにくぎ付けになった。 まるで山火事のような、未曽有の都市大火災となった。 たださえショッキングな映像だった上、私にとって父母の実家があった土地なのでなおさらのこと、知り合いの安否が気にかかりで、胸の高鳴りを抑えることができなかった。 親戚に連絡をとった母の伝聞から、叔母の家が無事だということは確認した。 火元から10mほどのところだが、風上にあったため被災を免れた。 ひとまず助かって良かった、と手放しで言えないのは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/25 22:40
年表を読む
年表を読む 「地域を彩りはぐくむ女たち」という本が西東京市女性史研究会の手でまとめられた。 西東京市の女性の聞き書き集と年表である。 聞き書き集としては「女の絆と底力」(平成25年)に続く第二集になる。 戦争を経験した世代の女性13名の記録である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/23 23:23
坪内祐三著「文学を探せ」を読む
坪内祐三著「文学を探せ」を読む 坪内祐三の「文学を探せ」を読んだ。 平成13年(2001)に刊行された本で、小口部分からページ周囲にかけて薄茶色に日焼けしている。 地域の図書館が都立図書館から借り出したものだ。 市立図書館の蔵書になかったのが不思議なほど、古くても今なお刺激的な本だったので、一気に読んでしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/20 21:24
私の本棚
私の本棚 蔵書に関する23篇のエッセイである。 既成作家ともなれば、献本、資料の類から、愛書的な思い入れのある図書…etc. 本は限りなく増えてゆく。 本書の半ばは、蔵書に対する執着と管理しきれない本との闘いの記録ともいえよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 21:56
「素晴らしき哉、人生!」を仙人の家で観たこと
「素晴らしき哉、人生!」を仙人の家で観たこと 忙中閑あり。この気忙しい師走にも・・・ 毎月第二火曜日「仙人の家」で開催される上映会に参加した 「素晴らしき哉、人生!」 アメリカでは毎年クリスマスシーズンになるとTV放映されるという、フランク・キャプラ監督の名作だ。 クリスマス気分を味わいたいということと、いつも善人を演じることになっているジェームズ・ステュアートの好人物ぶりに共感したいという目論見に加え、次々に襲いかかる不幸を乗り越える勇気に励まされたい、と予め鑑賞後に味わうことになるだろう幸福感に期待した。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/15 18:42
日本近代洋画への道 中村屋サロン美術館にて
日本近代洋画への道 中村屋サロン美術館にて 中屋村サロン美術館で、山岡コレクションから出展されている「日本近代洋画への道」を観ました。 はじめて油絵に接し、従来の日本画とは異なる視線で風景を眺めるようになった日本人の初々しいまなざしが感じられました。 (そういえば徳川15代将軍慶喜も油彩を描いていて、福井藩主松平春嶽に贈っています) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/12/09 20:20

続きを見る

トップへ

月別リンク

風を待ちながら・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる