アクセスカウンタ

風を待ちながら・・・

プロフィール

ブログ名
風を待ちながら・・・
ブログ紹介
旅と読書のブログです。
旅と読書は似ていると思いませんか。
時を遡り、距離を踏破する・・・
どうぞ、お気軽にお訪ねください。

◆コメントを歓迎しますが、ただ今、全コメント・トラックバックを保留設定にしております。なるべく速やかにページ上に反映したいと思いますが、やむを得ず遅れる場合はご容赦ください。



zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「汝を愛し、汝を憎む」 津軽の旅を計画する
「汝を愛し、汝を憎む」 津軽の旅を計画する 「汝を愛し、汝を憎む」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/08/21 11:22
高原の秋は早い 八ヶ岳ホテル風かにて
高原の秋は早い 八ヶ岳ホテル風かにて 夜、湯船に浸かっていると 思いがけず冷たい風が不意打ちのように忍び込んできて 「ああ、立秋なんだ」 と気づかせてくれる。 密やかな気配に、何か忘れていた重大なことを思い出しそうになる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/09 19:35
森の中にひっそりと 八ヶ岳美術館
森の中にひっそりと 八ヶ岳美術館 小淵沢滞在最後の日に、「八ヶ岳鉢巻周遊リゾートバス」に乗って、八ヶ岳美術館を訪ねることにした。 小淵沢は長野との県境に近く、かつての小淵沢町が広域合併の結果、清里などと同じ北杜市に編入された。 鉢巻リゾートバスは八ヶ岳の西麓を走っており、小淵沢駅を起点にして、観光拠点を繋ぎ「たてしな自由農園」の間を往復している。 途中で降車して「信玄の棒道」ウォーキングを楽しむこともできる。 信濃攻略を狙って開かれた軍用道路「信玄の棒道」にも魅かれていたのだが、今回は諦めることにした。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/07 18:16
サントリー白州蒸留所
サントリー白州蒸留所 あいにくの雨だった。 小淵沢駅に降りて、蒸留所行きのバスに乗った。 八ヶ岳山麓より釜無川を渡る。 サントリー白州蒸留所は、小淵沢駅より車で10分ほど。 南アルプスの北麓に位置する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/04 21:46
中村キース・ヘリング美術館 小淵沢アート・ヴィレッジにて
中村キース・ヘリング美術館 小淵沢アート・ヴィレッジにて 八ヶ岳高原バスを中村キース・ヘリング美術館で降りた。 すぐに不思議な不定形の建物が目に入った。 台形をモチーフに、規則的な反復がいっさいないRC造。 どうも美術館ではなさそうだ。 とりあえず玄関を入りロビーで道を尋ねようと思った。 はきはきと答えてくれたのはアメリカ人らしき若い女性で そこは「HOTEL KEYFOREST HOKUTO」という名のホテルだった。 この辺り一帯を小淵沢アートヴィレッジと称し、そのエントランスとしての役割を果たすために県道に面した最も目... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/31 22:14
中村不折の魅力展 中村屋サロン美術館にて
中村不折の魅力展 中村屋サロン美術館にて 某会の懇親会が新宿中村屋であったため、帰りに中村屋サロン美術館に寄った。 折しも中村不折の展覧会が開かれていた。 中村屋旧本店は平成26年に商業ビルとして生まれ変わり、美術館はそのビルの3階の一部を占めている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/25 18:51
ポール・ラッシュ記念館再訪 伴野重由氏の水彩画展
ポール・ラッシュ記念館再訪  伴野重由氏の水彩画展 キープの風景を描いた伴野重由氏の水彩画が展示されているというのでポール・ラッシュ記念館を再訪した。 ぼかしの技法で描かれた淡彩の水彩画は、緑豊かな牧場を霧の中から浮かび上がらせ、懐かしい記憶を呼び覚ますようだ。 たまたま画家本人がいらっしゃって来訪者と歓談されていた。 伴野氏の作品は清泉寮新館のロビーにも2点飾られており、展示替えの時、記念館に移されるという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/24 17:27
今日も富士山がよく見える 清泉寮にて
今日も富士山がよく見える 清泉寮にて 団体客で貸し切りのためホテルで昼食をとることができなかったので、清泉寮まで車で送ってもらった。 本館のレストランから眺めると、梅雨時にもかかわらず富士山の美しい稜線がはっきり見えた。 時節柄諦めていたのに、思いがけず富士山が視覚に入ってくると途端に晴れ晴れとした気分になった。 それは清泉寮の創立者であるポール・ラッシュ氏も同じようだ。 ロータリーの胸像は相変わらず富士山に相対して飽きることがない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/22 22:02
八ヶ岳倶楽部を訪ねる
八ヶ岳倶楽部を訪ねる 「森の中で朝食を」 八ヶ岳倶楽部のHPに書かれていた言葉に誘われるが 都会では絶対に無理なことだ。 だから柳生博さんは八ヶ岳山麓の大泉村に居を移す決断に踏み切ったのかもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/17 18:19
清里高原ホテルにて2016
清里高原ホテルにて2016 清里高原ホテルについては当ブログにすでに2度アップしているので、重複する点もあるかもしれない。 何度か訪れることになったのは、それだけこのホテルのホスピタリティが気に入っている証拠だろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/13 23:31
清里フォトアートミュージアムで 井津建郎の「インド 光のもとへ」を観る
清里フォトアートミュージアムで 井津建郎の「インド 光のもとへ」を観る 清里4日目の朝を迎えた。 3日間傘を開くことがなかったが 残念ながら東京へ帰るこの日、雨が降る。 高燥な高原でも当然、梅雨があるのだ。 一時間のネイチャーガイドをキャンセル。 雨にけむる牧場を眺めながら、何のアイデアもわかぬままに、のんびり朝食をとった。 ソーセージ、生野菜、ヨーグルトに添えた焼きリンゴのジャムが美味しかった。 紅茶を2杯、たっぷりミルクを入れて頂いた。 旅先でうれしいのは、料理、配膳、下膳、皿洗いが完全に免除されることだ。 この後も、読書をして... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/10 18:18
ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝
ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝 「ミケランジェロの建築に見る古代との闘い」と題された講演会が、パナソニック汐留ミュージアムで開かれた。 気宇壮大なテーマに魅かれ、パナソニック東京汐留ビルに出かけた。 この美術館は、オーナーの企業・旧松下電工の業務がら、建築、住まい、工芸、デザインなど、生活に関わりの深いテーマで、毎回小規模ながら興味深い展示を行っている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/03 12:15
伊藤野枝伝 「村に火をつけ、白痴になれ」
伊藤野枝伝 「村に火をつけ、白痴になれ」 伊藤野枝伝を読んだのははじめてだ。 はじめてにしては破格の伝記だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/28 21:34
墓所内管理代行サービス
墓所内管理代行サービス 梅雨入りして、一段と蒸し暑くなった。 例年以上に暑い夏になりそうな勢いだ。 イギリスの国民投票にやきもきさせられ、今後の金融市場の混乱を憂慮する向きにはさらに暑く、重苦しい夏になるかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/26 21:38
鮎ラーメン 川原町にて
鮎ラーメン 川原町にて 岐阜城をあとにし、金華山を下った。 岐阜公園をぶらついてから、総合案内所で道を尋ねて、川原町へ向かう。 長良橋へと続く道を脇道に逸れてしばらく行くと鵜飼観覧船乗り場があり その前からきれいに整備された川原町の古風な街並みがはじまっている。 月曜日だったこともあり、人通りもほとんどない。 まだ梅雨入りしたばかりだというのに、真昼の日が道に照り返してまぶしいくらいだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/21 18:35
「天下布武」の城 岐阜城に上る
「天下布武」の城 岐阜城に上る 宿をチェックアウトし、タクシーで金華山ロープウェーの山麓駅へ向かった。 山頂に建つのは、斎藤家を滅ぼした織田信長が9年余にわたって在城した岐阜城の天守閣である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/16 22:58
岐阜駅に着いて・・・
岐阜駅に着いて・・・ 夜はホテルで会食があるので、昼は美濃蕎麦でかるく済まそうと思い、岐阜市内をめぐるループ線「信長号」に乗った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/14 18:23
しらさぎ座で手影絵を観る 下呂温泉合掌村にて
しらさぎ座で手影絵を観る 下呂温泉合掌村にて 鵜飼見物をした翌日、岐阜城のある金華山山頂に上り、天守閣からはるか市街地を蛇行する長良川を俯瞰した後、高山本線で下呂温泉に向かった。 下呂は林羅山が三名泉に挙げて以来、温泉地としてすっかり有名になったようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/11 15:48
鵜飼船 長良川にて
鵜飼船 長良川にて 夏の短夜。 旅先にあっても、夜が早く明けて、いつまでも暮れないのは同じこと。 岐阜滞在2日目、夕暮れといってもまだ日は高く、まず長良川うかいミュージアムに車を走らせた。 鵜飼がはじまるのは7時半と聞いていたので、それまでに夕食も済ませるつもりだった。 この辺りの食事処は、閉店が早い。 名物の鮎は諦めてミュージアム内のカフェテラスで簡単な食事をとることにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/09 22:15
ヤマアジサイの径をゆく
ヤマアジサイの径をゆく 終日雨の降り続いた一日が明けて、アジサイ園を訪れた。 隣接する遊園地は休園日。 独行のカメラマン以外は人影もまばらだった。 「あじさい祭り」はまだ始まって間なく、この日の訪問者は、早咲きのヤマアジサイが目当てかと思われた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/01 22:09

続きを見る

トップへ

月別リンク

風を待ちながら・・・/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる