健康寿命をのばす食事について 

P2181076.jpg



サービス付き高齢者住宅(サ高住)を所有する知人から、昨年のオープン以来ほぼ満室となり、すでに亡くなられた方が2名あるということを聞いた。
私が入所するこのホームは、新築して2年近く経つのに、まだ半分以上の空室がある。
サ高住と住宅型有料老人ホームという違いはあっても、その差に驚く。
入居金のある無し、そして入居時に介護を必要とするか否か、によってふつう一般に老人ホームとひとくくりにして呼ばれる施設でも大きな違いがある。

独居の父親が屋内で転んで動けなくなった時、どうしよう。
助けを呼ぶために電話もかけられない状況が出来するかもしれない。
住宅型でもスタッフの複数の目に守られている施設なら安心だ。
そのように考えた娘さんが、ホームを選び、父親に積極的に入居をすすめる。
このホームでもそういう方がおられる。
皆さんお元気で、健康情報を得るのにも熱心だ。

昨日、提携する病院の栄養科から管理栄養士が来られて、健康寿命をのばす食事のポイントについて話された。
ほとんどどこかで耳にしたことのある知識でも、いつの間にか自己流や思い込みで偏った食事になりがちなので、反省の材料に講座に参加する。
昨今は糖質や脂質が目の敵のように言われるが、すぐ口に入る加工食品が巷に溢れているので、誘惑に勝つのは難しい。
まずカロリーを摂取せよと命じる本能に打ち克ち、賢く禁欲的な食生活を心がけねばならない。
まんべんなく様々な食材をとれればいいのだが、調理に手間暇をかけられない時、おやつのかわりにせめて次のような食事にしよう。
納豆ご飯、卵かけご飯、おにぎり、雑炊など。
パン、麺類ならば、サンドイッチ、ホットドック、月見うどんなど。

先日のタクシーの運転手さんは、米屋をしていたということで、米が一番安いことを強調していた。
ご飯茶碗一杯が約40円だという。
(米を食べよう!)

横道にそれたが、EPAやDHAを多く含む魚も、油を酸化させない調理法、生食が一番よいとのこと。
脂質が少ないということで牛乳より無調整豆乳。
サラダ油ではなくオリーブオイル。
加熱に弱いアマニ油やエゴマ油は生で…等々。
「う~ん、いつまで続けられるかな~」
と言いながら、一番の教訓は、継続こそ力なり!

偶然にも、年末にめまいを起こして担ぎ込まれたのが同じ病院だった。
入院中栄養士から、三度の食事をホームでとるのがベストとアドバイスされたばかりだ。
栄養士による計算されたメニューに、料理長の腕前と、上げ膳据え膳のおもてなし。
美味しい食事は、ホーム一番のありがたいサービスである。


※ 冒頭の写真は、横浜新都市脳神経外科病院 栄養科の管理栄養士による講座(2/18)


P2181077.jpg
2/18 講座の後、ヴァイオリンとチェロのコンサートが開かれた。
音響の良いダイニングでの「白鳥」(サン・サーンス)メロディーを奏でたチェロの音が素晴らしかった。

001.jpg



P2181073.jpg
雛飾り


P2061072.jpg
2/6 ピラティスの講習


P2181080.jpg
2/18 夕食のメニュー 寄せ鍋(鱈) うるいのぬた和え

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ワトソン
2020年02月28日 19:35