灯火親しむべし ジョージ・オーウェル著「パリ・ロンドン放浪記」を読む

61QkZDSb8vL__AC_UL480_QL65_ML3_.jpg


今度の台風で、避難所が路上生活者の受け入れを拒否した事実がニュース報道された。路上生活者への対応は自治体によって異なるようだ。
報道されたのは台東区の例だったが
お役所仕事の典型をみる思いがした。
ナチスの残虐行為も官僚制の結果だった。
命令を遂行したまでです。
と、アイヒマン裁判で被告は主張している。

本書はジョージ・オーウェルのデビュー作で、ルポルタージュ文学の傑作とされている。
1927年から3年間にわたる、パリ貧民街とロンドンの浮浪者の実態を描いている。
作者自らが最下層の生活を体験し、貧しさは罪なのか、浮浪者とは何者か、と問い、社会通念の矛盾を衝いている。
本書で描かれる浮浪者の収容所の劣悪な環境は、社会の劣等者に快適な生活を提供しては甘えを蔓延らせることになる、という認識があると、オーウェルは指摘する。
因みに当時のイギリスでは物乞いは犯罪とみなされた。

現在の日本の状況が、両大戦間のパリ・ロンドンにオーバーラップする。
全体主義・管理主義による官僚制の恐怖は、ジョージ・オーウェルが「1984」で活写した。
私は、マイケル・ラドフォード監督の同名映画(1984)を観て、とてつもなく暗い近未来社会の描写に暗然たる思いがしたものだ。
官僚主義というとカフカ原作、オーソン・ウェルズ監督の映画「審判」も思い起こされる。
こちらは、華麗な銀幕のモノクロームに圧倒され、恐怖すら美しく感じたものだが。
1982年の映画「ブレード・ランナー」も想起された。
人工知能が官僚機構に親和することを予感させる。

先の台東区の例は、マニュアルがないとにっちもさっちもいかない役人社会の弊害を明らかにした。
人間的に生きる、とはどういうことか、特に最底辺の社会では切実に問われている。
貧困、介護、いじめ、ブラック企業…
格差社会での富の偏在が、いかに人間性を踏みにじる結果を招くか。
当時の作家・ジャーナリストの告発は、今日も未だ解決していない。

※ パリ・ロンドン放浪記  ジョージ・オーウェル作
              小野寺健訳  岩波文庫(’89)






「審判」 原作:カフカ 監督:オーソン・ウェルズ フランス1963年公開


29279075_1.png

読書の秋はまた、芸術の秋、美術の秋でもある。
本書を読んでマネの革新性を意識する美術ファンは、力の入った企画展目白押しの上野に行く愉しみも倍増しようというもの。
レアリズム、印象主義、モダニズム、脱構築…
マネ以後の流れの源がまさにマネの絵画に起因するという見方はとても刺激的だ。
マネを好む人は、まず筆触とマチエールの美しさに魅せられる。
マネは、歴史や文学から解放された絵画の自律性を意図したのだろうか。

※ エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命  三浦篤 著
                      KADOKAWA(’18.10)



29693519_1.png

作品の道具立てに、ソフトドリンクが脇役として意外に効果的な役割を果たしているものだ。
秋の夜長、とっておきの紅茶や、眠気覚ましの珈琲とともに、アンソロジーを読むのは愉しい。
夏目漱石に「明けたかと思ふ夜長の月あかり」という句がある。
漱石も徹夜で書見をしていたのだろうか…

※ ロマンチック・ドリンカー 飲み物語精華集 
               長山靖生・編  彩流社(’19.8)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ワトソン
2019年10月27日 18:08
官僚のトップまで登り詰めて、冤罪で逮捕された村木厚子さん著の、「日本型組織の病を考える」で、官僚組織、お役所の後進性を心配しています。また、学校の教師も、閉ざされた組織なので同じではないかと述べています。
最近伝えられる、教師の時間外勤務への対応を見ると、私もそう思います。あれが民間企業なら、労基署が黙っていません。公務員どうしで手が出せないのでしょうか?お互い様かもしれません。
今日から読書週間だとのこと、どこが決めたのでしょうか。

2019年11月17日 18:22
ワトソンさん、ありがとうございます。
村木厚子さんは立派でしたよね。
でも事件が発覚した当初は、私も彼女が「政治案件」として処理したと思わせられました。
検察の取り調べのやり口だけでなく
マスコミの取り上げ方次第で、視聴者に白が黒に見えてしまう恐さを実感しました。