岡本かの子アムール幻想傑作集 美少年

29579277_1.png



二子玉川から二子新地へと田園都市線で多摩川を渡るたびに、広い河川敷を眺めながら、かの子の実家大貫家のあった土地はどの辺だろう、と思う。
二子玉川の素封家の家。
幕府御用達の豪商であり、神奈川県橘郡高津村に広大な土地を所有する大地主でもあった。
かの子は、別邸の青山で生まれている。

文学部を卒業したばかりの青年に聞いても、岡本太郎を好きだと言う一方、岡本かの子の名を知らないというので驚いた。
そこで、かの子の短篇集に「アムール幻想傑作集」というようなタイトルをつけて、新規の読者を開拓するつもりだろう。

奇跡の14カ月という短くも多作な時期をもった樋口一葉に似て、かの子も、ようやく晩年に小説家として出発し、わずか数年の執筆で数々の名作を生みだした作家であった。
はじめは歌人として、結婚後は仏教研究家としてまず名が知られた。

本書の表題作「美少年」はどこか「たけくらべ」を彷彿させる。
下町のませた不良少年と病弱で過敏な山の手のお嬢様は、遊郭に住む美登利と僧侶の息子信如の、思春期特有の微妙な距離感を思い起こさせる。
ひかれあう者どうしの間に働く引力と斥力…
身分的に非対称な、これからおとなの世界に入って行こうとする少年少女たち。
少女のある種の残酷性と、少年の純情が際立つ。

一般にかの子の作風は「妖艶耽美」と評されるが、
生命力あふれ、活力に満ちた自信が、風が吹き渡るような空気感ではなくて、ゼラチン質に閉じ込められた濃密な気配として表現される。
虚構は現実以上に深く、微細な襞を折りたたみ、静止画となって定着する。
錯覚ともいえる、その第二の現実が、小説を読む醍醐味のひとつであることは言うまでもない。

かの子は腺病質の子どもだったというけれど、よく眼にする肖像写真は、素顔が判らないほど濃い化粧を施し、たっぷりと脂肪をまとった、一説に「童女」のような女性である。
図書館の「岡本かの子展」では、多摩川畔の鄙で育った健康的な豊頬の少女の写真が展示されていた。
かの子に小説指導をしたのは、10歳年下の川端康成である。

…この鋼鉄の廊門のような堅く老い黯ずんだ木々の枝に浅黄色の若葉が一面に吹き出ている坂道に入るとき、ふとゴルゴンゾラのチーズを想い出した。脂肪が腐ってひとりでに出来た割れ目に咲く、あの黴の華の何と若々しく妖艶な緑であろう。

「花は勁し」の一節である。
飛躍的な比喩が、美しくも官能的な自然の生気を伝える描写である。
主人公(あるいは作家自身)のナルシシズムが顕著な作品であり、美の追求が信仰と同様、求道的精神に導かれたものであることをよく示している。


※ 岡本かの子 アムール幻想傑作集 美少年  彩流社(’19.5)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント