平成の黒い霧 「国家はいつも嘘をつく」

29389175_1.png



本書が挙げた9つの嘘とは、以下の9点である。

1 「アベノミクス」の嘘
2 「民営化」の嘘
3 「働き方改革」の嘘
4 「2020東京五輪」の嘘
5 「日航ジャンボ機123便」の嘘
6 「平和安全法制」の嘘
7 「刑事司法」の嘘
8 「TPPプラス」の嘘
9 「消費税で社会保障」の嘘

多分、本書の読者なら以上の嘘を十分に理解しているか、或いは薄々感づいているかの、どちらかではないだろうか。
では何故、本書を手に取ったのだろうか。
これらの嘘のからくりについて、著者がどのような解説を付すか、に多少とも興味を抱いたからではないだろうか。
そして私たち日本国民は、江戸時代以来の権力との付き合い方に、ひとつの知恵というか、狡さというか、「事なかれ主義」が根強いことを改めて痛感するのだ。
富も権力も、奪取するのではなく、そのおこぼれに与る。
(確かにそれは奴隷根性ともいえる)

安倍政権の存続を決定するのは、政策の成功や実現によって有権者の積極的な支持を得たからではなく、
選挙制度を上手に利用し、マスメディアを支配し、その嘘への批判を封じたことにある。

時に、嘘はあまりに堂々とつかれると、やがてそれが本当のこととして流通しかねない。
「大衆は小さな嘘より大きな嘘の犠牲になりやすい。とりわけそれが何度も繰り返されたならば」
と言ったのはほかならぬヒトラーだ。
安倍政権の閣僚のひとり、麻生太郎は、憲法改正に関して「(ナチスの)手口を学んではどうか」と発言して物議をかもしたことがあった。
はしなくも、その真意を暴露してしまう語り口にこそ、この政権の正体が明らかになる。
安倍内閣の政権運営の手法は、ファシズムのそれに酷似しているではないか。
ナチスが議会制民主主義の制度下で、違法性なしに政権を獲得したという事実を思い起こそう。
有権者がそれを黙認し続けるなら、今日でも悪夢の再現は起こり得る。


国家はいつも嘘をつく —日本国民を欺く9のペテン
               植草一秀 著  祥伝社(’18.12)

逝く夏を惜しむ 終の棲家にて 運営懇談会

P8160573.jpg


24時間、クーラーを稼働し続ける日もあった今年の夏。
ようやく暑さも峠を越えようとしている。
ふと蝉しぐれが止んでいることに気づいた瞬間、草むらに集く虫の声が涼やかに聞こえてくる。

土曜日の午後、当老人ホームはじめての運営懇談会が開かれた。
身元引受人にも案内状が送られ、参加者は入居者及び親族などの約10名。
初回ということで改めて、ホーム長、看護師、ケアマネージャーの紹介があり
ホーム長からは、当老人ホームを含むグループ企業の財務状況等、事業報告が行われた。

入居者は、苦しい思案の末に入居を決断する。
時に背水の陣を敷く。
それぞれ、健康、家族、経済、価値観、趣味、…等々
異なった入居者が同じ屋根の下に暮らしてゆくことになるわけだ。

賃貸マンションのような居住権ではなく
利用権方式という不安定な立場にとどまる入居者が、これからどれだけの安心・安全の保証を得て心穏やかに生活してゆくことができるだろうか。
介護や生活の面で、契約書面に書かれていない、口約束程度の保証だけでは安心できない。

運営懇談会については、厚労省の標準指導指針に次のようにある。

施設長、職員及び入居者代表により組織する運営懇談会を設けると共に、入居者のうちの要介護者等についてはその身元引受人等に対し出席を呼びかけること。また、施設の運営について外部からの点検が働くよう、施設関係者及び入居者以外の第三者的立場にある学識経験者、民生委員などを加えるよう努めること。運営懇談会では、入居者の状況、サービスの提供の状況及び管理費、 食費の収支等の内容等を定期的に報告し、説明すると共に、入居者の要望、意見を運営に反映させるよう努めること。

是非、利害関係のない、意見の言える第三者の参加を望む。
入居者の立場は弱いものだから。

当施設ではホーム長はじめスタッフが、入居者間のトラブルを未然に防ぐため、細かな気配りをしているのがよくわかる。
中規模の施設で、今のところ入居者が少ないせいかもしれないが、これからもこの姿勢を貫いて頂きたいと思う。

※ 冒頭の写真は、読書コーナーとして利用させて頂くこともあるデスク




P8070556.jpg
8月某日 暮れなずむ夏空 3階ベランダより


P8070557.jpg
夏らしいメニュー ズッキーニやナスなどの夏野菜 デザートにはスイカが多い

土と兵隊 麦と兵隊

25616695_1.png



本書中に果たして戦争協力的な表現があるかどうか。
改めて「麦と兵隊」を読んだ。
火野葦平は戦後、戦犯ともされ、公職追放となっている。

徐州会戦までの従軍記録は、あらゆるドクマから自由であろうと努めているようにみえる。
当然検閲は行われ、当局から削除を命じられた部分も含んでいる。
最終稿は、捕虜の殺傷シーンなど、記憶をもとに補筆された。
もとより記憶ほど変質しやすいものはない。
その点を共通認識として、戦記の類は読まねばならないと思う。

終戦となり武装解除された兵が内地へ帰る時、戦場で見たことは他言無用を言い渡されたという。
一方、GHQに情報と引き換えに、戦後の地位を保証された人々がいたことは、これとはまた別の問題である。
戦場における日本軍の非道を口にすることで、八紘一宇の虚構が崩れ去ることを、この期に及んで恐れたか。
或いは、戦争責任を問われる上層部の保身からか。

火野葦平は、行軍と戦場での有様を坦々とした筆致で描き、あえて戦争の理非について解説を加え、弁明を試みたりするわけではない。
迎合的なジャーナリズムについては、一将校の口から批判的言辞がはかれ、それがそのまま本書に書かれている。
戦意高揚的表現を弄するのは、原稿を持参して検閲を受けに来る記者の方である、という火野の主張が伺われる。
(今日のジャーナリズムにも同じことが言える。歴史に学ぶべきはメディアも同様である)

「私」を超えた大いなる「なにか」のために、困苦極まりない行軍と戦闘に従い、疲れ果てながらどこか太々しい不敵さを漂わせる無口な兵たち…
従軍記者の目は、同情を禁じ得ない。
センチメンタルと断定されかねない記述もしばしば見られる。
多分それこそ小説家が、戦争責任を問われるポイントである。
戦後、一向に反省的言辞を述べることのなかった小林秀雄にも通じるところだ。
時代をともに生きた人間でないと、理解しきれない空気がある。
しかし同時に、そう考えてしまうことは歴史認識における敗北を意味するのだ。

戦友とは特別な関係だといわれる。

・・・・・・
私は私の部下を死の中に投じ得ると云われた偉大なる関係に対して、その責任の重大さを思い、その資格について危惧していたけれども、それは何も考えるほどのことではないことが判った。それは又思想でもなんでもない。私が兵隊と共に死の中に飛び込んでゆく。兵隊に先んじて死を超える、その一つの行為のみが一切を解決することが判った。
・・・・・・


以上の記述を文学的文飾とばかりは言えないだろう。
火野葦平にとっての真実だったと考えることが、日中戦争を侵略戦争と規定する読者にとって、最大限の譲歩といえる。
しかし、戦場には同じ人間である敵がいて、その死が求められる。
彼等への共感もまた著者にないわけではないが、戦場という非日常において人の命は数に還元されてしまい、覚醒した理性が告げるしぜんな同情が霧消してしまう。
食べて寝て、疲れを癒さなければならない兵隊たちにとって、戦場は日常でもあった。

ほかならぬ命の重さ、について考えさせる書物

「死をも乗り越えた、大いなる高き力」とは何か?
社会批評社編集部による解説は、「侵略者」としての自覚がないことを明記している。




※ 土と兵隊 麦と兵隊  火野葦平 著  社会批評社(’13.5)

けものみち

02627969_1TL.png02627970_1TL.png



すでに読んだかもしれない「けものみち」
1965年に映画化され、テレビドラマになること3度。
小倉の松本清張記念館では、成沢民子役が米倉涼子という最新作(2006)のポスターが目立った。

私が観ているのは、1982年NHKの「松本清張シリーズ・けものみち」だ。
鬼頭洪太役の西村晃があまりにリアルだったので、頭の中で小説の鬼頭は完全に西村晃になってしまった。
けれど小説の方を先に読んでいたら、脳軟化症で女色に耽る鬼頭を、西村晃のキャラクターに重ねることはできなかったと思う。
一説に鬼頭のモデルは児玉誉士夫ともいわれる。
満州において軍と結びついて築いた資産が、戦後政財界を操るフィクサーとしての暗躍につながったという。

因みに、この時の民子役は名取裕子、民子を「けものみち」へと誘う男・小滝に山崎努。
本書に既読感があったのはテレビドラマの印象が強かったせいかもしれないし、あまりにも有名な小説だからかもしれない。

「けものみち」とは、法と道徳を守る社会の背後に張り巡らされ、犯罪すら闇に葬られる裏街道のことだ。
裏社会にはちょうど表のネガとなるような組織・人脈が存在している。
社会派としては、売れっ子人気作家の面目躍如といったところだ。
エンターテインメントのサスペンスとしては、民子のイメージが途中で変化したように思えたことと、大団円で次々と登場人物が殺害されてゆく結末に性急さと違和感を覚えて気になった。
松本清張には、夥しい資料からはじめて明らかにされる真実を、小説に盛り込み切れない、といったもどかしさがあったのだろう。

いずれにしても正規のルート、正当な手続きから外れた、裏口が、社会のそこここに存在する。
どの程度を許容範囲とするかは、時代によって違ってくるだろう。
暴く人がいて、小市民はようやくその裏道に気づかされる。
また裏社会が全く存在しない、清廉、清潔な表社会というものも想像できない。
清濁の両面があってはじめて人間の面白さがあるのかもしれない。
それが社会派サスペンスのスリルへと続いている。


※ けものみち(上)(下)  松本清張 著  新潮文庫(’05.12) 

ブルーベリーを摘みに…

P8120569.jpg



Kさん、お誘いありがとうございました。
ブルーベリーを摘みに行きましょう。
素敵な企画に心惹かれましたが、ブルーベリーの収穫時季は夏真っ盛り。
熱中症がこわくて正直、尻込みしないではなかったのですが、実家の近くで、土地勘のないところでもなかったので、思い切って参加しました。

都市近郊の農家の佇まいを見るだけでも、瞬時に牧歌的な世界にワープして、何とも長閑な気分になりました。
江戸時代から400年続く農家ということでしたね。
大消費地江戸に作物を出荷するには、江戸に近い農家ほど有利なことは言うまでもありません。
土地の古老に以前聞いた話ですが、都心を離れるに従い、農家の規模が大きくなるとか。
消費地から遠いという不利を克服するために、耕作地がより広くなるのですね。

ブルーベリー園のある「野の幸 奈良山園」のホームページで、「東京で、農と出会う。」というコンセプトが目を引きました。
農園主の心意気が伝わってきて、俄然モチベーションが上がりました。
保谷からこちらの農家の立地する東久留米辺りまで、歩いていくにつれ、次第に農家が大きくなってゆくのが実感できます。
延々と続く生垣が美しく剪定され、その整然として鄙びた風景は、心まで豊かにしてくれるようです。
いいものですね。

最寄りのバス停からパーキングを示す看板の案内に従い大分歩かされました。
ブルーベリー園らしきものが見当たらないのでキョロキョロしていると、向こうから摘み取りを終えたご家族が、収穫物の入ったビニール袋を手に三々五々歩いてくるのが見え、受付場所を教えてもらうことができました。
やはり、少し戻ることになりましたが、果樹園をはじめ、本格的に農を営む専業農家の規模が推測されたことでした。

さて、肝心の摘み取りですが、受付から数分歩いて案内されたブルーベリー園は、鳥の被害から守るため、全体にネットが張られていました。
周囲にキウイ、柿、梅、栗、柿などの果樹も見られました。
ブルーベリーの樹は植えてから10年ほど経つそうですが、人の背丈をはるかに越え、収穫する時は、頭上の枝を引き寄せて、完熟した実を選んで摘み取りました。
無農薬栽培ということで、洗わずそのまま試食することができました。
樹上で熟れた実は、指が触れるだけで難なく枝を離れ、食べてみればその甘さはまさに自然の恵み。
スーパーに商品として並んでいるものは、輸送に耐えるように若めのうちに摘み取られているので、時に酸味の方が勝っていることがあります。
木で熟れたものを食べられるのは、農家の特権ですね。

大粒のティフブルー。
1㎏近くあったものを、あっという間に食べてしまいました。
これで冷凍ブルーベリーをヨーグルトにトッピングして食べる楽しみはなくなりました。
ジャムにするにも惜しい生食の爽やかさ!
あとをひく上品な甘さは、まさに絶品、夏の味覚です。

8月いっぱいは、摘み取りができるそうですね。
機会があればまた是非ご一緒させてください。



P8120562.jpg



P8120564.jpg



P8120565.jpg



P8120566.jpg



P8120568.jpg                    ’19.8.12









窓の想像力

P6110359.jpg



窓に切り取られた風景は、どこか懐かしい。
撮った瞬間に過去へと流れ去る宿命的な写真のように。
写真がいつもアングルを気にするように、窓からの風景は視界を限定する。

窓が風景に与える情趣はまた、心理的なものだ。
窓を媒介にして、守られた内側から、外界を眺める時、人はいつもより内向的に、そして内省的になるだろう。
風景はより一層、人間的な色あいを帯びてくる。
万葉人が自然現象に、人間の心情を重ねて見たように。

窓という、建築のディテールは、採光や通風以上に、心理的な機能を果たしているようだ。
視覚を変質させるまで、その効果は大きい。
「建築の開口部のうちで人間の出入りの用途に供しないもの」
という窓の定義がある。
出入りができないという身体的制限が、眼の隠喩としての窓の機能をより高めているような気がする。

窓をことのほか意識させたのが旧門司港ホテルだった。
カーテンのかわりに、鎧戸が内側に開くようになっていて、その緑色が懐古趣味をそそった。

ガラス窓の向こうは流れの速い関門海峡。
対岸に下関を望み、朝に夕に大型タンカーや貨物船が航行する。
右に源平合戦最後の主戦場である壇ノ浦、左手に宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘した巌流島。
刻々と表情を変える海峡を眺めていて飽きることがない。
そして歴史を遡行し、見えないものを幻視する。




P6110361.jpg



P6110362.jpg



P6110364.jpg



P6110366.jpg



P6110371.jpg
以上、北九州市旧門司三井倶楽部


P6110382.jpg



P6110384.jpg



P6110385.jpg



P6110387.jpg



P6110388.jpg
以上、旧門司税関にて


P6110409.jpg
旧門司港ホテル ゲストルームよりの眺め            ’19.6

原爆忌に

25616695_1TL.png



原爆忌はすでに74回を迎える。
去年までは、テレビで平和記念式典を観ていた。
4年前の12月に平和記念公園を訪れ、原爆ドームを目の当たりしてから、この暑いさなかの式典がより身近に感じられる。
けれども原爆投下とその被曝の実態は、体験者でなければ語れぬ言葉があり、悲惨を極めた現実には到底近づくことができない。
過去が遠のくにつれ、体験者は益々少なくなり、戦争とともに記憶がうすれてゆくのは避けがたい。
それは、人間の悲劇が抽象化して、歴史上の一事象となってしまうということだ。

ラジオ体操の時、つい最近入居された男性が、原稿用紙に書かれた手記と一葉の写真を持参された。
写真は、若き飛行機乗りの姿だった。
ご夫婦で入られたその方は、終戦時特攻隊員で、高射砲の扱いを指導していたがため、危うく出撃を免れたそうだ。
74年前の8月6日、海軍の軍人だった17歳の青年は、呉軍港の砲台で、一機のB29を目撃している。
それが原子爆弾リトルボーイを搭載したエノラゲイだったのだろう。
数分後、「すさまじい閃光」続いて大地を震わせる爆発音が起こったという。
「巨大なきのこ雲が空をおおい」辺りは次第に暗くなってゆき、やがて黒い雨が降り出した。

手記は、その後救援に向かった広島で、被爆した人々の惨状に触れ、平和を祈念する言葉で締めくくられている。
実際に被曝した方から話を伺うのははじめてのことであり、入居者の中にそのような方がおられることに一同びっくりしたのだった。

戦争の記憶を風化させないために、聞くこと、記録して後世に伝えることの大切さを痛感する。
原爆は人殺しの道具としての禁じ手である。
しかし人間一人一人にとって数は無意味だ。
大量破壊兵器だけでなく、行軍、戦場の最前線、逃亡する地元民、…
人の死に対して鈍感にならざるを得ないのが戦争というものだろう。

火野葦平の「土と兵隊 麦と兵隊」を読む。
著者は戦後、戦犯に問われ、公職追放され、1960年自死している。
従軍記者として書いたものは、戦時の空気の中で修飾は避けられなかっただろう。
テキストの中からどのような真実を探り当てるかは、読み方次第ということだ。


※ 土と兵隊 麦と兵隊  火野葦平 著  社会批評社(’13.5)

定年後の過ごし方

28918836_1.png



60代後半、そろそろ70歳の大台に乗ろうという世代。
まだ現役で働いている仲間も少なくない。
人生百歳時代に入って、この年代で悠悠自適の生活を選択できる方が、まだ恵まれているのかもしれない。

健康上の理由もあり、早々に老人ホームに入居した私は、同期の仲間からみれば、勇み足?にさえ映るのだろうか。
皮肉屋のA氏は、ボケるぜ、絶対にボケる!と、断言する。
彼は、私の事情をすべて知っているわけではない。
また、以前こちらのホームのスタッフと話したこともあるのだが
もう、「老人ホーム」という言い方を止めません?

契約後、まだ入居していない人は、別荘として考えているらしい。
居住権と比較すると、利用権方式という入居者の権利がどこまで守られるのか、確信の持てない「終の棲家」に最期を託すことができるのだろうか…
こうなると、もう時代の変化と同様、先が読めない。

実家に帰るたび、別れる時、母が寂しそうにしているのが気になる。

健康に自信があれば、まだまだ社会で活躍できるだろう。
内館牧子の「終わった人」は、東大卒、大手銀行勤務を経て子会社に出向、定年を迎えた主人公が、その後の人生を模索し奮闘する物語だ。
主人公は、会社という組織内でのプロジェクト、仕事の醍醐味が忘れられない。

一人では何もできない。
自立した人間ほど連帯する、
というのはマルクス主義経済学者、大内兵衛の言葉だけれど
社会主義の理念を別にしても、連帯することは社会的存在にとって宿命的とさえいえるのではないだろうか。


※ 終わった人 内館牧子 著  講談社文庫(’18.3)


P7280530.jpg
7月28日 夏祭り
系列の介護付き有料老人ホームで開催され
和楽会「昇(しょう)」による、和太鼓と津軽三味線の演奏が行われました。
こちらのホームから同行したSさんは、「ずい分雰囲気が違いますね」
と、住宅型と介護付きの違いに驚かれたようだ。
最後まで元気に「住宅型」に住むのが理想です。

P7280537.jpg