この町の住人になれるだろうか

P7040470.jpg



実家のある町の選挙管理委員会より参議院議員選挙の知らせが届いている。
新住所への転入が4月3日以降の選挙人は、前の住所地で投票することができるという。
投票の仕方に二通りあり、ひとつは期日前投票である。
他は、不在者投票で、転出した自治体へ、現住所地に投票用紙等の送付を請求して、現住所地で投票する方法だそうだ。
たまたま他の用事もあるので、期日前投票を前住所地で行うことにした。

ベランダから西日に照らされた町を眺めながら、しみじみ思う。
この町の新しい住人として、しっかりと足を地につけて生きてゆくことができるのだろうか、と。
住み慣れた土地で最後まで生活することが幸せのように言われているけれど、本当だろうか、…と少々懐疑的だった私も、この頃になってようやく「住み慣れた土地」の持つ意味が分かり始めたようだ。
長年の習慣と交流が継続できる町…
ホームの所在地が未知に等しい土地だったので、期待の方が上回っていた私は、まだまだ老成していないのだと思う。

「よく決心なさいましたね」
と言われて、ことの重大さを改めて認識する私がいる。

この町の風景に馴染んだ私とは、一体どんな私なのだろうか。
一所不住を理想と考え、それを人間の宿命のように感じていた私だったけれど…

ホームの入居者は近くに家のあった人が多い。
都市型、住宅型の場合、私のような例は少数派だろう。

※ ホームの生活でありがたいのは、一に食事の提供、二に共同浴場




P7030467.jpg
7月3日 お昼の献立
豚丼、胡瓜とわかめの酢の物、温泉卵

P7030469.jpg
7月3日 夕食の献立
茄子のミートグラタン、ズッキーニのソテー、とうもろこしの冷製スープ

P7040472.jpg
7月4日 夕食の献立
鮭の幽庵焼き、がんもの煮物、青梗菜

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント