戦争は女の顔をしていない

27665681_1.png



旧ソヴィエトが第二次世界大戦で対独戦をたたかった当時の、動員された女性たちの聞き書き集。
その数は百万人を越えるという。
多くは10代の少女たちで、祖国を守れ!というスターリンの檄を素直に受け入れ、愛国心に燃えて、前線で戦うことを自ら志願した女性たちだった。

著者が取材を開始したのは1978年。出版するに当たっては大きな困難が伴い、完成後2年間は出版できなかったという。
戦争について書かれた書物は夥しいが、戦争の世紀である20cという遠くない現代史を語る女たちの生の声は、生々しい。
反戦を理屈や理念で説くよりも、従軍女性が見た過酷な戦場と女性特有の心身にあらわれた反応こそ、今を生きる私たちに、平和を維持する決意を新たにさせるものだろう。
終戦後、彼女たちが経験した無理解と、治癒の過程とその不可能性。

日常の裂け目に戦争がみえる。
総力戦をたたかう戦時おいて、平和な日常では決して見えなかった現実が姿をあらわす。
生きて帰れても、もう二度と人間にはもどれないだろう、という非人間的な風景…

時に戦場で、死を身近に感じるがゆえの、朝の大地の美しさ。
(絶滅収容所での体験のなかに、「詩」が生まれる)
最後まで人間でいるために、決して発動させてはならない、戦争という魔物。
それは、何も解決しないどころか、無数の計量できない悲劇を産み落とす。
戦争は抽象で、軍隊は永遠にお飾りであるべきだ。

本書を読み終えた後、戦記物やイデオロギーなどの大きな物語より、ひとりひとりの小さな物語こそかけがえの無い人間的な物語であることを確信する。
この本には、戦場における、驚くべき具体的な事象と感情の極北が示されている。



※ 戦争は女の顔をしていない
         スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ 著
         岩波書店(’16.2)

この記事へのコメント