アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
京の町歩き 平安京内裏跡を訪ねて
京の町歩き 平安京内裏跡を訪ねて 京都は一木一草、徒やおろそかにできない。 自転車で巡るのでさえ、速すぎる。 歴史の栄光と悲惨、その「痕跡」を探し求めようとすれば必ずや、行きつ戻りつすることになるので、ここはもう歩くしかないのだ。 昔の人は、牛車や輿に乗るやんごとない人種を除けば、通常は歩いていたのだから… 彼らと同様とはいかないまでも、それに近い時間と距離感で歩いてみたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/30 21:43
魂でもいいから、そばにいて 
魂でもいいから、そばにいて  読書会の効用のひとつに、ふだん自分のアンテナに触れず、縁がないままに終わるだろう本をたまたま手に取ることになる、という意外性の面白さがある。 私にとって本書は、そういった類の本だった。 まず題名と「霊体験」の一語に抵抗を覚えるのは私だけではないだろう。 大手出版社による刊行なので、きわものではないと思って読み始めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/26 21:58
承天閣美術館と京菓子資料館
承天閣美術館と京菓子資料館 歩けば初夏のような暑さに肌が汗ばむ。 京都御苑の緑陰を選んで今出川通に抜ければ歩くのもわるくないかもしれないと考えたが、最近とみに足の衰えた母の熱中症もこわい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/23 22:35
みどりに包まれる 八瀬大原 瑠璃光院にて
みどりに包まれる 八瀬大原 瑠璃光院にて 叡山鉄道沿線では前から気になっていたお寺だった。 京都駅の観光案内所で「瑠璃光院 春の特別拝観」というリーフレットがまず目に飛び込んできた。 京都はこの季節、至る所で「アオモミジ」を宣伝している。 瑠璃光院は春のアオモミジと秋の紅葉の時季だけ公開されるようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/19 22:48
上野千鶴子著「<おんな>の思想」を読む
上野千鶴子著「<おんな>の思想」を読む フェミニズムは20世紀をゆるがす 思想と実践だった 21世紀の今日 フェミニズムは賞味期限をすぎただろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/16 16:52
ハイジュエリーの世界 京都国立近代美術館にて
ハイジュエリーの世界 京都国立近代美術館にて 京都滞在最後の日に、京都国立近代美術館を訪ね、ハイジュエリーの世界にため息をつくことになりました。 特別展のタイトルは「技を極める」 ヴァンクリーフ&アーペルのハイジュエリーと七宝など日本の工芸作品をコラボさせた展覧会です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/13 23:34
竹久夢二伊香保記念館
竹久夢二伊香保記念館 竹久夢二はよく旅行した人のようだ。 各地にゆかりの画家ということで大小の美術館が存在している。 画家よりもグラフィックデザイナーの先駆けとして突出したセンスの持ち主だった。 再訪した竹久夢二伊香保記念館は新館も増築され、充実した展示を誇っていて見応えがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 17:10

<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

風を待ちながら・・・ 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる