風を待ちながら・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧明倫小学校 京都芸術センター

<<   作成日時 : 2017/03/14 21:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


地下鉄烏丸線を丸太町より二つ目の駅、四条で降り、京都芸術センターを目指した。
蛤御門に面したホテルに投宿した翌日、夕顔町から源融屋敷跡とされるエリアを歩いてみようと考えていた。
その前に、アートセンターになっている旧明倫小学校を訪ねることにしよう。

京都は碁盤の目のような道路割だから迷うことはない、と考えるのは間違いで、少なくとも土地勘のない観光客にとって分かりにくいところがある。
地下鉄から地上に出た時、どの交差点にどの向きに立っているのか一瞬判断に迷う。
整然とした道路割が、どの交差点も同じような風景にみせるからだ。

道を訊ね、行きつ戻りつしながらも、昭和レトロな小学校が高層ビルに囲まれて時を止めたかのように佇んでいるのを見つけることができた。
室町通をはさんだ向かいには明倫幼稚園があって、こちらは現役で稼働中のようだ。

旧明倫小学校の現在の建物は、昭和6年のもので、意匠的にも特徴的な趣のある建築物だ。
開校したのは、明治2年。
全国共通の学生発布に先立つこと3年、心学道場「明倫舎」の地に開設された由緒ある小学校だ。
平成5年に閉校した後、リノベーションを経てアートセンターに生まれ変わった。
平日だったので、見学者もまばらで、太陽光が眩く反射している校庭に人影もなくひっそりと静まり返っている。
昭和の子供たちはもういない・・・

時よ、おまえは残り
私の方がここを去ってゆくのだ。

昔の詩人の言葉が頭を過る。
そう、いつも去ってゆくのは人の方で
止まっているは時なのだ。

折しも「スポンテイニアス・ビューティー 作家のいない展覧会」という特別展が開かれていた。
リーフレットを読むと、個人よりも地域、コミュニティ、集団が創り出す美に着目して、結果的に作家性は限りなく後退して、キュレーター中心の展覧会が企図されている。
あるギャラリーには、使われなくなった傘が持ち寄られ、宙吊りにされ、壁面には様々な年代に使われていた時計が並んでいる。
現在の時を正確に刻んでいる時計もあれば、永遠に動くことを止めてしまった時計もある。
「スポンテイニアス・spontaneous」とは、なりゆき・自発的という意味だそうだ。

個人にだけ立脚した作家性に比べると、集団のパワーは地域性を殊更浮かび上がらせることになるだろう。
そうして「京都」という社会性の一面を切り取りたい、という。
作家性への批評としての展示だった。

※ 冒頭の写真、入口右手の植込みのかげに二宮尊徳像がひっそりと立っている。


画像

かつての校門よりのアプローチ


画像

明倫幼稚園


画像




画像

右、前田珈琲

画像




画像




画像

北校舎のギャラリー


画像




画像

こうしてリーフレットを並べて貼り出してみると、京都という地域性とともに、普遍的な問題が浮かび上がってくる。
なるほど、京都も空き家問題が深刻なようだ。

画像

下駄箱に様々な催しのリーフレットが入っている


画像




画像

図書室


画像

談話室


画像

講堂 只今掃除中


画像




画像




画像




画像

ほとんどの教室が制作室として貸し出されているようだ


画像




画像




画像

屋上より校門の方を眺める


画像

前田珈琲明倫店にてランチタイム
出席簿のようなメニュー

画像




画像

                                         ’17.2.27




                                           つづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
京都では、スマホでない方は磁石を持ちましょう。地下鉄から出てもすぐわかります。
「京都芸術センター」初めて知りました。サイトを観て興味を持ちました。今後注目します。今度の日曜日の「The饗宴」、興味がありますが間際すぎます。
ワトソン
2017/03/16 21:10
ワトソンさん、ありがとうございます。
磁石をいつもウエストポーチに装着しているのですが、忘れていました。
交差点で地図を広げるのはいかにも観光客然としていて、かっこ悪いですよね。
ちょうど京都に着いた日に京都芸術センターでコンサートが開かれるとのことで注目したのですが、残念ながらそれを聴くことなく翌日訪問しました。
本来の用途ではなくリノベーションされ、違った目的に使われるようになったレトロな建築物に愛着を感じます。

2017/03/19 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
旧明倫小学校 京都芸術センター 風を待ちながら・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる